FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★歩く恋愛パワースポット! 

banner_480x100.gif
AnimaLプロデュース電子書籍発売中! ぜひご覧ください!!


mixiで知り合った24才OLさんに「俺とデートしている女性はモテるようになる」って主張したら「じゃぁAnimaLさんは恋愛のパワースポットなんですね!」とのお答え。…その考え方、悪くない!

実際の話、俺とデートしているとエッチなフェロモンが出るのか、男性と付き合うのに慣れてくるのか、「彼氏になりたい!」って男性から告白される事例が多いみたいです。
特に以前よくデートしていた「幼稚園の先生」は、俺のブログを読んで「初体験の相手をしてください」とメールくれてから2年近くデート。その後出来た彼氏と結婚、ってことは、幼稚園の先生は俺と旦那さんの二人としかSEX経験無いんですね〜〜〜!

という訳で、恋愛の次のステップへ進むために、AnimaLさんとデートしてみることをおすすめ致します!
と言う訳で、興味ある方はこちら↓注目です^^

★AnimaLからのお知らせ★
Animaとデートしてみたい方はページ右側のフォームまたは下のURLからお気軽に連絡どうぞ。
http://animaleroblog.blog71.fc2.com/blog-entry-515.html
ツイッターやってます。最新情報などつぶやいています。 フォローよろしく!
http://twitter.com/#!/00_AnimaL_00
LINEはじめてみました。 0_animal_0 でID検索してください。通話はOFFなのでトークでどうぞ。暇な時に返信します。


スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

★2010/10/30 21才癒し系娘と名古屋お泊まりデート 

関西遠征デートでは常連の21才癒し系娘ちゃん。夏に京都でデートしてからちょくちょくメールをやりとりしては「早く会いたいね~。SEXしたいね~」と言い合っている。
「10月くらいに東京行こうかと思ってるんです」と言っていた彼女、やっぱり金銭的な面でちょっと…と結局あきらめの機運。
俺の方は10月末に、友人の出張に便乗して博多に行こうかと思っていたけれど、こちらも録音機材買ったりギター買ったりしたのでちょっと金銭面が不安。
ってことは、なるべく金をかけなければ遠征もOKかな?と思ってあれこれ算段、名古屋あたりに、行きは高速バス、帰りは「ぷらっとこだま」でのんびり往復すれば良いか~ってことで遠征決定。
癒し系娘ちゃんに「東京は無理でも名古屋くらいなら来る?」って聞くと「行く行く行きます!AniさんとSEXします~~!」と勢い込んでお返事。一ヶ月前には切符の手配までしちゃってデートする気満々^^
それ以降は時間の打ち合わせやら名古屋で見たいモノやらアレコレ相談するメールが行き交う。彼女は「大須の商店街に『あげまんぼう』ってお菓子が売ってるのでそれを食べたいです!」とのこと。「なんかエロい食い物だな?」って言うと「そんなんじゃないです!」と大笑い。なんだかドンドン名古屋が楽しみになってしまいますね。

遠征当日は台風の影響も心配されたけど、名古屋に近づくにつれて雨も上がって、名古屋は日が差している。予定より30分遅れで名古屋駅に着くと、いたいた^^ 癒し系娘ちゃんが待ってました。
ちょっと暑いのでコートを手に持っている彼女、グレーのふんわりしたセーターに黒いミニスカ。相変わらずぱっちりした眼とニコニコ笑顔にドキドキしてしまう。
さっそく腕を組んでラブラブモードで大須の商店街へ。さっそく見つけた「あげまんぼう」を買う癒し系娘ちゃん(あげまんぼうは揚げた饅頭を棒にさしたものでした!)、「あれ以来あげまんぼうって聞くと笑っちゃう!」っていう彼女、オヤジギャグを気に入っていただきありがとうございます!

ブラブラと散策して軽くご飯を食べたら「そろそろ観光は終わりですよね?ねっ?」と妙にホテルにチェックインしたがる彼女。「あ~~~、SEXしたいんでしょ!」って耳元でささやくと恥ずかしそうな顔をしながらそれでも否定しない。商店街からホテルまでは1駅しか離れていないのでブラブラ歩いてホテルへ。
プレイ内容に関しては癒し系娘ちゃんから「書いちゃダメ!」って言われているので詳しくはかけませんが、ホテルにチェックインしてからいきなり2回戦。
露出癖の有る彼女、ホテルの窓のカーテンも閉めずに、窓の縁に手をかけさせてのバック突きに激しく感じていた模様!

2回戦するとさすがにお腹も空いたのでブラブラと近所の居酒屋へ。名古屋コーチンを扱うお店を気に入ったようなのでそこに入って串焼き、手羽先、鳥刺身などいただく。「おいしかった~!」とご満悦の彼女、名古屋に来て本当に良かったみたい。
部屋に戻って携帯のメールを確認すると、翌日お昼からデート予定だった初対面の女子大生さんから「熱が出たのでキャンセルさせてください」と連絡。
「明日のデート、予定飛んじゃったから、エッチは回数制限無し、明日はお昼食べたら名古屋城観光!」と告げるとそれはそれはうれしそうな、エロエロな微笑みを浮かべる癒し系娘ちゃん。21才の若い娘さんがそんなエッチな顔したらいか~~~ん!

ってことで俺がTV見ながらビールを飲んでいる間にお風呂を済ませた癒し系娘ちゃんをさっそくベッドに押し倒して一発。灯りを消してからも午前2時くらいと午前4時くらいに目を覚まして一回ずつ合体。
さらに目覚ましをかけて仮面ライダーを見ながらイチャイチャしてそのまま合体、さらに俺のシャワーが終わってチェックアウトの準備をしながらまたフェラが始まってそのまま合体!
全部が全部発射した訳では無いけれど、遠征の時の俺って本当に元気だと自分でも感心してしまう^^;

ダラダラとチェックアウトしたら朝兼昼ご飯を食べに彼女のリクエストで老舗と言われるお店にて味噌煮込みうどん。老舗の味は色々と微妙~と思いながら美味しくいただいてから名古屋城へ。偶然やっていた特別展で以前から見たかった屏風絵を見たりしてこれまた非常に楽しい時間を過ごす。もともと展覧会が好きで俺とも展覧会デートをする事が多い癒し系娘ちゃんにとってもフルコースのデートになったみたいですね。
「あ~~~!名古屋楽しかった! SEXもたっぷりしたからこれで当分しなくても大丈夫!」っていう位、今回のデートを堪能してくれたらしい癒し系娘ちゃん。「次は春くらいに会えると良いね」って言うと元気にうなずきながら電車に乗って帰って行きました。

短いとは言え俺もこの旅行で美味しいモノを食べて、美味しいエッチをしてすっかりリフレッシュ。これからもまたがんばるぞ~~!って気分になりましたね^^


★2010/08/01 関西遠征3人目・広島の巨乳愛読者さん・大阪で再会 

10時過ぎにホテルをチェックアウトしたら新大阪駅へ。先日東京で初対面した広島在住の日記愛読者さんが「前日コンサートでお泊まりなので、その脚で大阪まで行きますよ~」というので新大阪の新幹線出口でお出迎え。
彼女から連絡の有った時間に無事に落ち合ってお互いのお泊まり荷物をコインロッカーにぶち込んで身軽になったらデートにGO!

俺よりちょっと年下の彼女、年齢はちょっと高めだけど似つかわしくない可愛い雰囲気。ちょっと背が低めのポチャさんだけど、ドドーンとせり出した推定Gカップの巨乳が素敵。
夏の大阪はすごく暑いので腕こそ組まないけれど、手をつないで仲良く地下鉄に乗って通天閣方面へ。お互い地方遠征はバンドの目的(俺は演奏、彼女は鑑賞)なのでライブハウス近辺しか知らない。なので今回はお互い行ったことのない通天閣付近へ行きましょうってことに。
噂通りゴチャゴチャと猥雑な昭和の雰囲気の街をうろちょろして、名物の串カツをいただく。俺は軽くビールも飲んで大阪気分満喫。
そろそろ良いかな?って感じで街を離れたらまた地下鉄に乗ってラブホがたくさん有りそうな難波へ向かう。地下鉄を降りたら地図を確認して調べておいた方面へ。
「こっちかな?」とか良いながら角を一本曲がったらすぐにラブホテルの看板。有った、有ったと思いながらそちら方面に行くと目の前に広がるラブホ街。さすがに俺は「ラブホ勘」が発達しているな~と思う一瞬。

大阪のラブホは京都と同じく「1時間料金+延長」のシステム。手近のきれいなホテルに入って比較的安めの部屋へ。大阪のラブホは初めてなのでどんなものか?と思ったら部屋が気持狭い以外はすごくきれいで大変良い感じ。アメニティーなんかも4人分くらい置いてあって、「ここって乱交OK部屋なの?」とか思っちゃう。(4人プレイにはちょっと狭いけど^^;)
荷物を置いたらさっそく抱き合ってイチャイチャ。キスしながら俺の股間に手を伸ばしてくる彼女にズボンとパンツを下ろして股間を見せつけるとソファーに腰を下ろしてさっそくしゃぶりついて来る。前回のデートでは後半おちんちんが元気無かったので、フェラでビンビンに固くなった今回のおちんちんを見て「まぁ~、今日はすごく元気なのね……」とうっとりした目で見つめる彼女。
「昨日、今日ですでに8回はSEXしてるんだけど、何でこんなに立ちが良いかな~」って言うと「やっぱりAnimaLさん、おちんちんは若いんですね!」と笑う彼女。心が若い男性はおちんちんも若いのかな~とお互い苦笑い^^;

彼女も脱がせて触ろうとすると「いっぱい歩いて汗書いちゃってるから…」と恥ずかしがる。では、とお風呂の用意をしてお互い全裸になって一緒にシャワーを浴びることに。
全裸になった彼女はむっちりと大人の体型。Gカップのたっぷりした胸がボヨンと大きく張り出してすごくエロい。長い髪をアップすると露出するうなじも大人の魅力。
シャワーを浴びながらまだビンビンに固く勃起した俺のおちんちんをヌルヌルと洗ってくれる。俺もお返しに泡のヌルヌルで彼女の胸をグニュグニュと揉みながら洗う。すごくエロいお風呂。

ベッドに入ったらお互い全裸になって前戯。前回東京で会った時はあまり元気にならなかったおちんちんが今回はビンビンに固くなっているのがすごくうれしそうな彼女。たっぷりフェラしてもらったら、自慢のGカップバストでパイズリ。仁王立ちの俺のおちんちんを彼女の胸で挟んでもらうとおちんちんがほとんど隠れてしまう。立派な胸に興奮して腰を振ってしまう^^

アレコレ遊んだ後にいよいよ合体、彼女の体をベッドに横たえて脚を大きく開かせたらゆっくりとおちんちんを入れていく。「あぁ、大きい…」ってうめく彼女の割れ目に根本までズッポリと入っていくおちんちん。そのまま根本から先っぽまで使って抜き差しすると彼女の声はドンドン大きくなっていく。
腰を振る度にブルブルと震える彼女の大きな胸に興奮しながら激しく腰を打ち付けるように動いてしまう。
前回のデートが消化不良だったから、今回はお互い貪るように快感を感じ合っている。「こんなおちんちんが欲しかったんだろ?」って彼女にささやくと「大きいおちんちんが欲しかったの!」とうめく彼女。

結局3時間強の間、ベッドからほとんど出ずにお互い触りあい、フェラしてもらい、固くなったらすぐ挿入ってペース。「Aniさん、発射してからの復帰が早いわ~」と言われながらすぐに勃起して合体、彼女の痴態を見ながらズコズコって感じで合計4回のSEXを楽しんでしまいました。さすがに途中の2回は発射せずに途中で休憩したけど、最初と最後はばっちり発射。彼女もたっぷりと楽しんでいただけたみたい^^
身支度をしてチェックアウトする時に自動支払機の時間表示を見ると「3時間5分」となっている。「あんなに濃厚にエッチしてまだ3時間ちょっとしか経って無かったんだ~」とお互いビックリしながらホテルを出て地下鉄で新大阪へ移動、お互いの新幹線の切符を買ったら彼女は広島方向へ、俺は東京方面へ。


という訳で、一泊二日で3人の女性と濃厚にエッチしまくった関西遠征もやっと終了。二日間で合計12回のSEXはかなり体に響いていたらしく、新幹線が新大阪駅を出た後俺は爆睡、気がついたらもう横浜を通過した辺り。これだけ記憶の無い新幹線も珍しい^^;
本当に充実した夏の旅行にしてくれた3人の女性に大いに感謝です。今後もまた遠征の時には素敵な女性に会えると良いな~と思っています!


★2010/07/31 関西遠征2人目・大阪でお泊まり 

京都でデートを終えて、友人と食事をしたらその脚で京都駅に出て在来線の快速で大阪へ向かう。関西って京都~大阪も、大阪~神戸もだいたい30分くらいで行けてしまう。すごく便利な気分。まぁ、新宿からなら埼玉の大宮に向かうのも、神奈川の横浜に向かうのもだいたいそんな感じかなぁ?
今回泊まるホテルは梅田から地下鉄で少し離れた所。使ったことのない電車だったからちょっと心配だったけど、問題無く21時過ぎにはホテルに到着。

お泊まりデートのお相手さんは日記に良く登場する神戸の女子大生さん22才。これまで関西遠征で2回、就職活動で彼女が東京に来た時に1回デートしちゃっているので今回で4回目のデート。これだけ遠距離なのにけっこう会ってるよな~って思う。
ホテルのフロントに入ると隅のソファーに座っていた彼女、軽く手を振ってチェックインの手続きをしたら彼女を連れて部屋に向かう。
縞のTシャツに黒い、首の後ろでヒモを縛るタイプのサロペットを着た彼女、流行りの服を着た可愛い女子大生さんって感じ^^ いつも通り山本梓に似たぱっちりお目々で俺を見つめながらエレベーターの中で人目が無くなったらキュッと抱きついてくる。
「俺と会いたかった? 俺とSEXしたかったんだろ?」って聞くと「だってAniさんのおちんちん、大きくて気持良いんだもん!」と小悪魔な微笑み。

部屋に入って荷物を置いたらさっそくギュッと抱き合う。濃厚に唇を交わしながらお互いの体をまさぐり合う。
おちんちんをズボンの上からまさぐりながら「Aniさん…京都の人とは何回してきたの?」って聞いてくる女子大生さんに「4回かな~。発射は2回!」って答えると「じゃぁ、あたしとは5回以上!」ってうれしそうに言ってくる。ニヤニヤしながら「そんなに体力もつのかなぁ?」って聞くと「大丈夫だもん!」と言いながらさらに欲しそうに股間をなで回す。
ズボンを下ろしておちんちんを露出するとすでに彼女に触られて大きくなりかかっている。「あ~、もう大きくなってる!」ってうれしそうにしゃがみ込んでフェラを始める女子大生さん。俺のポイントもすでに知っているのですぐさま固くされてしまうおちんちん。
「Aniさん、京都で4回もしたのに元気ですね~~」ってうれしそうにフェラしながら下から俺を見つめてくる。見られながらのフェラって、なんか恥ずかしいけど興奮するのでおちんちんはさらにビンビンになってしまう。

俺も彼女に触りたくなってベッドに彼女を押し倒す。上からのしかかりながら唇を合わせ、だんだんと服を脱がしながら彼女の体に触っていく。Tシャツをまくり上げ、ブラを外して露出した胸をもみ、乳首を舌で転がすとアフアフと良い声を出し始める女子大生さん。
「ラブホじゃ無いんだから声は少し我慢しなさいね^^;」ってささやくと「声なんて出して無いモン」と抵抗するけどちょっと乳首をつまむとまた声が出てしまう。

Tシャツとブラを脱がせて上半身裸になったところで彼女が「ちょっと待って」とサロペットのヒモを首の後ろで結び直す。「ほら、こうすると何かエロくない?」ってサロペットのヒモで胸だけ隠れた状態の体を見せつける。
「なんか、某セクシー女優のエロいドレスみたいかも?」などと良いながら胸に触るとヒモがずれて胸と乳首が露わになる。これはこれでエッチかも?と思いながら胸を揉みまくり、乳首を舐めまわすと目がトロンとしてきてエロモード発動らしい。
俺としてもこの格好は何だか気に入ったのでこのままエッチに突入したかったけど、サロペットの下半分はズボン型、脱がさないとエッチは出来ないんだよね~^^;

全部脱がせて彼女を全裸にしたら、荷物の中から使用済みのバスタオルを出して彼女のお尻の下に敷く。だって彼女、潮吹きっ子なんだもん^^;
「あたし、潮なんか吹きませんよ~」と嘘ぶく彼女の割れ目に触ると今までのイチャイチャですっかり濡れ濡れ、指を挿入して軽くかき混ぜただけで中のお肉がグネグネと動きまくって今にも潮を吹きそうな勢い。バスタオルの上にタラタラと大量の愛液をたらしちゃってる。
「ねぇ、欲しいよ…」と小さな声でささやく女子大生さん、俺も彼女が欲しくなっているのは、彼女の手の中のおちんちんがビンビンに怒張していることですでにあきらか。

ゴムを装着したら正上位で合体。ローションでヌルヌルにしたおちんちんを割れ目にすりつけてゆっくりと挿入していく。以前から「最初に入れる時はゆっくりしてくれないと痛くなっちゃうから」と言われているので最初だけは慎重に。以前興奮していきなり入れようとしてしこたま叱られましたしね^^;
彼女に痛みが無い事を確認しながらゆっくりとおちんちんを進めて行く。根本まで入ったらゆっくりと出し入れする。一回入ってしまえば後は大丈夫らしく、腰のスピードを上げて行くとビジネスホテルではちょっと大きすぎるかな?と思うくらいの声を上げる。
まだそんなに遅い時間では無いし、それほど迷惑にはならないかと思いながらそのままズコズコと腰を動かすと彼女も気持ち良さそうに応えてくる。
たまに廊下を歩く人の話し声が聞こえると、気になるらしく一瞬声を我慢するけれど、それもつかの間、ちょっとズコズコされるとまた声が我慢出来なくなってしまう。

体勢をバックにすると彼女の腰が前回会った時よりほっそりしているのに気がつく。
軽く体を動かしながら「ちょっと痩せたの?」って聞くと「みんなにもそう言われる」と言う彼女。なんとなくそれがうれしくて、彼女の腰に手を添えて激しくバックからズコズコ突くとさすがに奥に当たりすぎるのか、ちょっと痛みを訴える彼女。
体位を正上位に戻して、お互い一気に高みを目指す。脚を抱え上げて良い場所に当たるようにズコズコと腰のスピードを上げると何回も絶頂を訴える女子大生さん。感じやすい肉体が何度も痙攣するのを感じる。俺も限界を目指して腰のスピードを上げる。二人で一緒に絶頂に達しようと激しく彼女を突きまくるけど、さすがに体力切れで発射に至る前にギブアップ。おちんちんはまだビンビンで彼女に入っているけど、もう腰が動かなくなって彼女の上に崩れ落ちてしまう。「あたしはたっぷり行きまくっちゃいました^^」っていう彼女にねぎらわれて1回戦終了。

ゆっくりと体を離すと「いつエッチしてもAniさんのおちんちんは大きくて気持良いです!」とうれしそうな彼女。最後にエッチしたのが今年の2月だから半年ぶりのエッチになるけど、やっぱり楽しんでくれたようで俺もうれしい^^
落ち着いた所で一緒にシャワーに入って汗を流したら、ホテルのウェルカムドリンクが飲めるというバーへ出撃して軽く飲んだらもうさすがに良い時間なのでそろそろ寝る準備。
ベッドに入って腕枕して、ちょっと灯りを暗くして「お休みなさい」って言うけどお互い寝る気なんか全然ない。腕枕していた腕で彼女を引き寄せて唇を合わせると彼女も俺の股間に手を伸ばしてくる。さっきは発射していないのでおちんちんはまだ余裕、ちょっといじられると大きくなってくる。
さっさと服を脱ぎ合ってキス。抱き合った俺の体の下で気持ち良さ気に体をくねらせる彼女、割れ目に指を伸ばすとすでにトロトロ、指でいじり回すとバスタオルに潮噴出。すっかりできあがっているご様子^^

俺も完全にビンビンになっているのですぐに合体、ズコズコと動くと懸命に声を我慢しながら何度もビクビクと体を痙攣させる。「気持良いか?」ってそっとささやくと「Aniさんの、大きくて大好き…」と小さな声で応える。
うれしくなってさらに激しく動くと手で口を押さえながら懸命に声を我慢している彼女、それでもけっこう大きめの声が出ている。
こんなに声を出すと隣に聞こえちゃうかな?とも思うけど俺の方も全然腰が止まらない。彼女の口にキスをしながら動きまくっているとそのうち二人してお酒と眠気のダブルパンチ、ぐったりとベッドに横たわったらお休みモード^^

その後前回と同じく「イビキがうるさい!」って彼女にしかられたりもしながらも夜中の3時と朝の7時くらいにおちんちんが固くなって目覚めてしまい、もちろん隣で寝ている彼女を襲う^^
3時はお互い眠かったのでモソモソと合体してモソモソと動く程度だったけど、7時にはもう外も明るくなっていたのでけっこう本気モードのSEX。女子大生さんも指でいじられて潮を噴出、挿入されて声を我慢しながらも何回も絶頂に達して俺の下でビクンビクンと痙攣しまくり。
かなり声も出てたんだけど、もう朝だから関係無し!ってことにしてガンガン攻めてしまう^^ 彼女が何回か達したのを確認してから俺もグイッとスピードアップして絶頂へ。
一晩分の精子をたっぷりと排出して4回目のSEX終了~。俺の下でぐったりしていた女子大生さんがやっとモソモソと動き出してシャワーへ。その間今度は俺がベッドでぐったり^^;

「ひさしぶりにAniさんとお泊まりできてうれしかったな~! でもイビキは最低!!」と言いながらそれでもうれしそうな彼女を最寄りの駅まで送ってから俺はもう一回部屋に帰って荷物の整理とチェックアウトの準備。関西遠征最後の刺客、広島の巨乳愛読者さんを迎えに新大阪駅に出動です! 今まで行ったことのない、通天閣周辺を散策してからラブホへ行く予定。 まだまだがんばれ!俺のおちんちん!!

ちなみに女子大生さんはその後就職も内定をもらって一段落したそうです。
「もう就活も終わって暇になるからまた遊べますよ!」とのこと。春になるまでにまた大阪に行く予定が立てられるか、それとも今度は彼女が東京に来てくれるか?
どちらにしても早く会いたいですね~^^


★2010/07/31 関西遠征1人目・京都で展覧会デート 

恒例の遠征企画、今回は京都と大阪に行く事に決定!
大雑把な予定としては
●金曜日の夜高速バスにて新宿出発>●土曜日朝京都到着、展覧会見学>●京都ラブホにてエッチ>●大阪に移動・ビジネスホテル宿泊デート>●お昼から大阪散策・ラブホデート>●夕方新幹線にて帰京
って感じに決めて、デート相手の女性を3人募集。そうしたらあっという間に予約がいっぱいになってしまいました^^; 今回は全員リピーターさんですね。

京都に朝6時過ぎに到着して京都タワーの地下でお風呂、近所のカフェで食事して時間をつぶしているうちに京都でのデート相手から到着のメール。
本日のお相手は、去年の同じ時期にやはり京都でデートした近県在住の癒し系ガールと1年ぶりの再会。前回のデートの時は20才だったので今年は「21才になりました!」とのこと。
白いカットソーに紺色のマキシ丈ワンピがすごく夏っぽい。推定Eカップのふっくらした胸と、キュッと細い腰が相変わらず色っぽい。

一緒に展覧会とお寺を見て回ったらお食事して、以前から目をつけていた建仁寺の裏手にあるラブホ街へ。適当に目についたラブホにチェックイン!
彼女の事情で「あたしの日記は書いちゃダメですよ!」とのことなのでこれ以上詳しいことはあまり書けませんが、3ヶ月前まで、ほぼ毎日カーSEXを楽しんでいたのに、相手の方の都合でこの3ヶ月全然SEXしていないという彼女。最初は「久々だしAniさんのは大きいから、優しくしてくださいね」なんて言う彼女、合体したとたんに「激しくして!もっとして!」「当たるの!奥に当たるの!」「そこ!知らない所に当たるの!」と凄まじい乱れ方。本当に21才の美人がこんなエッチで良いの?と思うくらいに楽しんじゃってました。

前回のデートの時は次のエッチの相手に気を使って2回しかエッチしなかったのが申し訳無かったので今回は時間が許す限り勃起したら挿入って感じで遊んでいたらいつの間にか4回もSEXしてました。 最初と最後はばっちり発射しちゃって、本当に今日はお泊まりで次のお相手と濃厚に楽しめるのかなぁと心配になっちゃいました。
その代わり、「1年ぶりのAniさんのSEXはやっぱり気持良かったし楽しかったです! もっとたくさん会ってたくさんエッチしたいなぁ……」って彼女の言葉がうれしかったですね~。

俺の方が京都に来ている友人と食事の約束が有るので、彼女を適当なバス停に送って解散。
俺はその友人と一緒に次のSEXにそなえて「ふわふわトロロ鍋」がある店でパワー補給。夏限定メニューで「スッポン鍋」が有ったので俺はそっちを食って下半身にパワー注入、大阪に向かうことにしました。
京都から大阪までは快速で約30分。次に俺を待ち受けているのは「神戸の女子大生さん」。「お泊まりだからたくさんSEXしたいな~~!」って彼女を満足させられるのでしょうか? そして日曜日のお昼からデートするお相手さんとSEXする体力は残っているのでしょうか!!
がんばれ、俺!!!

★2010/02/07 名古屋遠征その2:22才介護士さん 

高速バスで昼過ぎに名古屋到着後、19才の現役JK3ちゃんと落ち合ってホテルでエッチ終了後、ちょっと街を散策してからホテルに帰ってちょっと休憩。
お泊まりデートのお相手は名古屋在住の22才の介護関係の仕事をしている人。実は今回のデート、前から良くメールをやりとりしていた菊川怜に似ているという女性と名古屋のハプニングバーに行く約束をしていたんだけど、直前になってドタキャン! 急遽他のお相手さんを探していた所、まだ知り合って間も無いこの介護系女子さんから熱烈な立候補が有ってデートのお相手に決定した訳でした^^

JK3ちゃんが予定よりちょっと早めに帰ったので介護士さんに「早くに来て良いよ~」とメールすると「予定より30分くらい早めに行けます!」ってことで駅まで迎えに。
待ち合わせ場所にはメールで伝えられた服装の女性。以前送ってもらった写真とは髪型がかなり変わっていたので一瞬「ん?」と思ったけどやっぱり彼女でした^^
肩くらいの明るい色の茶髪にふんわりパーマの彼女、身長は160センチくらい? 並んで歩くのにちょうど良い位。優しい顔立ちだけど落ち着いた雰囲気の声としゃべり方は仕事柄かな? でもハキハキとした雰囲気がすごく好印象。
短めの黒いスカートはこの寒いのに大丈夫?って感じ。案の定駅から寒い屋外に出ると「さむい~~~!」って俺にひっついてくる^^;

先ほど街をブラブラしていた時に見つけた「モツ料理専門店」に入って軽く飲みつつお食事。なんだか「モツ系」って下半身に効きそうじゃない? さっきJKさんとエッチしちゃったからここで燃料補給…って感じの話をするとキャーキャー笑ってくれる彼女。
飲みつつ仕事の話やら、名古屋の話やらをあれこれして、満足した所でホテルに帰る。やっと暖かい部屋に入ってホッとした所で荷物を置いてまずはギュッと抱擁。「AnimaLさんに本当に会えるなんて思いませんでしたよ!」って抱きついてくる。
キスをしながらお互いの体に触り合う。服の上から触っただけで声が漏れ始める彼女はけっこう敏感なタイプらしい。俺に胸を揉まれながら小さな声で「ここってあんまり声を出したらヤバイですよね?…」って聞いてくるってことはかなり声が出ちゃうタイプなんだろうなぁ^^;

さっきエッチをしたばかりだと言うのに俺の股間が猛り始めている。彼女の手を股間に導くとジーンズの上からなでてくれる。ジーンズとパンツを下ろして露出するとすぐにひざまずいてしゃぶってくれる。すぐさま彼女の口の中で大きくなるおちんちん、夜もやる気満々のご様子。
彼女のお口を堪能したら彼女をベッドに押し倒して俺がご奉仕する番。服を脱がせながら唇を耳から首筋、乳首へと移動させながら舌先で刺激する。彼女は手で口を押さえながら声を我慢しているみたいだけど、ハァハァという荒い息は隠せない。
スカートの中に手を侵入させてストッキングの中のパンツを探るとすでに湿っているご様子。ストッキングを引き下ろしてパンツの中を直接確認すると割れ目周囲はすでにヌルヌル。やっぱり感じやすいらしい彼女の体。

お互いそろそろ欲しくなって来ているのでシャワーして本格的に始めることに。一緒にバスルームに行って体を洗い合う。体を拭いて全裸でベッドに入ったらお互いギュッと抱き合って舌を絡め合う。
彼女のプリッと形の良い胸に手を伸ばすと甘い喘ぎ声が自然と漏れてきてしまう。彼女の手は自然と俺の股間に伸びておちんちんをシコシコといじっている。
彼女の割れ目に手を伸ばして割れ目をまさぐる。割れ目周辺は毛が少なくてすごく触りやすい良い感触。
「もしかして毛の処理してきたの?」って聞くと恥ずかしそうに「はい、AnimaLさんの日記を読んで、キレイにしてきました」って^^ こういう心遣いってうれしいよね~!

うれしくなってしまって一気に彼女の股間まで顔を下ろして割れ目を舌でご奉仕。軽く指で割れ目を開いてクリを舌先で転がしまくる。割れ目周辺の毛がキレイに剃られているのでとても舐めやすくて、情熱的にレロレロすると、手を噛むようにしながら声を我慢している彼女。俺もいじめっ子モードに入ってさらにクリと割れ目を刺激しまくってしまいます^^
割れ目がたっぷり濡れた所でさらに足を大きく開いて指を挿入。ヌルッと俺の指2本を受け入れてしまう彼女のアソコ。軽く指を曲げてGスポットを刺激するとグチュグチュとさらに愛液が増えてくるのが分かる。彼女が懸命に声を我慢しながらも感じまくっているのを見ているうちに俺も興奮してきたらしくいつの間にか股間がビンビン。彼女の手を招いて触らせながら「どうなってる?」って聞くと「ん…固くなってます」ってうれしそうにシコシコしてくる。ベッドに膝立ちになってフェラをお願いすると四つん這いでしゃぶってくれる彼女。手を伸ばしてベッドサイドの机に置いてあるゴムを装着したら彼女をベッドに横たえていよいよ挿入。

足を大きく開かせて割れ目におちんちんをこすりつける。うっすら目を開きながら、俺の大きいヤツが股間に潜り込もうとする瞬間を見ている彼女。亀頭を割れ目にくぐらせてゆっくりと進めて行くと小さな喘ぎ声を漏らす。
ゆっくりと腰を進めるとスムーズに入っていくおちんちん、痛みも大丈夫なようですぐに奥まで挿入完了。軽く腰をゆすると「んん…」と我慢した喘ぎ声。
「大きいの、分かるでしょ?」って聞くと「奥が…」って喘ぎ声と一緒につぶやく彼女。腰を押しつけるようにグニュグニュと奥に当たるように腰を動かすとギュッと眉根を寄せて声を我慢しているのが分かる。

足を軽く抱え上げながら奥まで入る角度に腰を持ち上げてズコズコと腰を振る。おちんちんの長さ全体が出入りするように長いストロークで腰を振った直後にグイッと押しつけて奥を刺激したりと刺激する場所やスピードを変えながら責めて行くと我慢しながらもかなり声が漏れてしまう彼女。「隣に人がいたら完全に聞こえてる大きさだよ」ってささやきながら腰を休めずに責め立てるとまた我慢しようとするんだけど、それも無駄な努力^^;
抱き起こして騎乗位になると少し落ち着いて自分から動くけれど、俺が下から突き上げるとまた声が出始めてしまう。
下から抱き寄せて、唇を合わせながら腰を振るとかなり感じるらしく、声を我慢するために唇を強く押しつけてくる。
体位を変えてバックから入れるとこれもかなり気持ち良いらしく枕に顔を埋めて声を我慢している。彼女の腰を支えながらバックから出し入れすると俺の先っぽが彼女の奥をグリグリと刺激する感触が伝わってきて俺もかなり気持ち良い。

このまま発射まで行こうと腰のスピードを上げてズコズコ動くうちに体力切れ。彼女が何回も絶頂に達しているのを確認して一旦休憩させてもらうことに。
ベッドに横たわった俺に腕枕で寄り添う彼女、胸元に抱きつくようにしながらお互いおやすみなさいモード。

それでもやっぱり夜中に目を覚ましてしまう俺^^; 薄暗い部屋の中で彼女の体にモソモソと触ると彼女もすぐに目を覚まして股間に手を伸ばしてくる。お互いに触りあいながら準備OKになった所で合体、また正上位>騎乗位>バックのフルコース。
さすがにお互い半分寝ぼけながらのSEXは気持ち良いけどやっぱり眠くて、発射まで至らず適当なところで体を離してダウン。
さらに明け方またお互いモソモソと体を触り合って合体。バックから彼女をズコズコと責め立てるけど、やっぱり行かずに俺が撃沈、そうこうするうちにちょっと早めだけれど彼女がセットした携帯のアラームが鳴る。

実は彼女、本日もお仕事。一旦家に帰ってから出勤すると言う。ベッドでぼーっとしながらシャワーを浴びて身繕いする彼女を見守る。彼女の支度が終わったら俺も服を着て彼女を下まで送る準備。
部屋を出る前にギュッと抱き合ってもう一度濃厚にキスを交わす。「良いエッチだった?」って聞くと「すごく気持ち良かったです!」とうれしそうな彼女。「AnimaLさんは良かったですか?」って質問に「俺もすごく楽しくて気持ち良かったけど、今回は体力が続かなかったね^^;」って答えると「次回はあたしを一人目でお願いします!」って笑う彼女。次回は彼女にもたっぷり発射させてもらいましょうね~^^

ってことでホテルの1階のロビーまで彼女を送ってお別れ。俺も少しぼーっと休憩してから身支度をしてホテルをチェックアウト、地下鉄で名古屋駅へ。
東京のAnimaLガールズにお土産を買って新幹線へ。本を読みながら弁当を食っていると介護系女子さんから「疲れたので結局タクシーで家に帰って、今から出勤です!」ってメール。俺も無事に新幹線に乗ったことをお返事して一路東京へ。

今回の遠征でも素敵な女性2人と出会えたことに感謝。彼女達にとっても、俺とのデートが元気の素になっていれば良いな~と思います^^



『恋愛放浪記<魂焦がして>』作者AnimaLからお知らせです。

実は以前、こちらの日記を原作にして書いたアダルトストーリーに、知り合いのコミック作家さんにイラストを描いてもらって、「デジタルノベル」作品を制作・販売していた時期が有ります。
数は少ないですが、現在も購入出来ますので、興味の有る方は見てみてください。

100.jpgラブハンター・ブルース
神奈川在住21歳お嬢様女子大生さん 処女喪失!!







thumb_100.jpgラブハンター・ブルース
20歳TV業界裏方ちゃん・初めてのラブホテル!






100_3.jpgラブハンター・ブルース
22歳真面目な女子大生さん 新宿で初デート







※全てWindows対応です。Mac・携帯には対応していません。

★2010/02/06 名古屋遠征その1:進路が決まった現役JK3 

10月くらいからメールをやりとりし始めた、三重県在住の現役女子高生さん。
経験も少ないしテクにも自信無いけどAniさんとならデートしてみたいな…って言ってくれたのでそれ以後もメールをやりとりしながらデート出来るタイミングを見計らってました。受験を控えた彼女、やっぱり会うのは春以降かな?と思っていたら「推薦入学で進路決まりました!」との連絡。
実は彼女、海外に1年間留学していたのでJK3だけど年齢は19才なので何の問題もなくデートOK。「友達は大学に行ってお化粧とかしてるのに、あたしはまだ制服着てて恥ずかしいんです…!」って女心が可愛いですねぇ^^。

俺がスケジュールを調整して名古屋遠征を決めて彼女に連絡。三重の子たちって、けっこう名古屋に買い物に来たりすることが多いそうで、デートも名古屋に決定! 安く泊まれるビジネスホテルを予約して、午後はJKちゃんとデート、夜は介護職の女性とお泊まりデートすることにしました。
当日朝出発の高速バスに乗り込んで名古屋にGO! 予定通り2時前に名古屋駅に到着したらホテルの最寄り駅に移動して彼女と待ち合わせ。

サイトに貼ってある彼女のプリ写を見ると、キュッとアゴのラインが細くて目がキラキラしている可愛い子なんだよな~~と思って探すと…いました、いました! 写真より少し髪が伸びて肩にかかる位の長さになっていたけど、印象的なキラキラした眼ですぐに分かる^^ ちょっと背が低めで華奢な体のつくり。それを指摘すると「え~~!あたしダイエットしなくちゃって思ってるんですよ!」って。そう言えばミニスカートから見えてる足がちょっと太めかな? でもそれくらいの方が健康的なんですから!

腕を組もうかと言うと「この辺り、友達がいることも有りますから…」とやんわり拒否されてこっそり手をつないで予約してあるホテルへ。途中コンビニで食事を買って部屋にチェックイン。
ラブホテルは初めて、と言うかエッチも実は一回しか経験の無い彼女、俺がチェックインをしている間ホテルのロビーで所在なくキョロキョロしてる。「あたし、部屋に入っちゃって大丈夫なんですか?」とソワソワしてるのが可愛い^^
堂々と2人で部屋に入って(そもそも2人で泊まれる部屋をとっているので!)荷物を置いてギュッと抱き合ってキス。「やっと会えたね」って言うとやっと緊張が解けたように微笑む彼女。

ベッドに座ってアレコレおしゃべりしながら時たまキス。俺が食事をしている間に彼女の学校生活や留学の時のエピソードを色々話してもらう。
食事が終わって落ち着いたら改めてゆっくりと濃厚にキス。コートを脱いだ彼女はニットのカーディガンにミニスカート。カーディガンの合わせ目からゆっくりと手を差し入れてシャツの上から胸に触ると「Aniさんのために可愛い下着を買ってきたんですよ^^」って笑う彼女。キスをしながら「どんなのを買って来たの?」って聞くと「白くてモコモコ!」って。モコモコ??^^;

いっぱいキスをしながら彼女の服を開いていくと白い下着がチラチラ。触るとなんだかモコモコ…? なんと下着は白くてフワフワした毛がモコモコと植わっていてヒツジみたいになってました! なんかそれだけでコスプレみたいになって家すごく可愛い。思わずベッドの横に立ってもらって鑑賞してしまいました。自分で買って来て恥ずかしがっている彼女^^
興奮した俺の下半身がすでに固くなりかかっているので彼女の手を導くと「あ…」と良いながらそっと触ってくる彼女。
ジーンズとパンツを下ろしておちんちんを露出すると「やっぱり大きいんですね」と良いながらおずおずと触ってくる。すでに興奮気味のおちんちんは彼女に触られると一気に大きさを増す。

「気持ち良いやり方を教えてくださいね」って言う彼女に男性の気持ち良い場所を教えながらフェラを初めてもらう。ベッドに座った俺の足の間にちょこんと座っておちんちんを舐め始める彼女。まだSEXの経験が一回しか無い彼女のフェラはぎこちないけれど、俺の指示を聞きながら丁寧に舐めてくれるのですごく気持ち良い。こんな可愛い子が俺の凶暴なおちんちんをしゃぶってくれているんだと思うとさらに興奮してビンビンと固くなってくるのが自分でも分かる。

「ほら、俺も触ってあげるよ」って攻守交代、彼女をベッドに横たわらせて上からキス、手を体に滑らせていく。ブラをずらすとプリッと小振りで形の良い胸が現れる。キスしていた唇を首筋から鎖骨、胸へずらしていって乳首を舌でコリコリと転がすと小さな喘ぎ声が出始める。俺の空いている手はもちろん下へ。パンツのモコモコとした手触りを楽しみながら割れ目に沿って指で刺激する。そっとパンツを下ろして割れ目に直接触るとすでにヌルヌルと濡れていて指一本なら簡単に飲み込んでしまう。
ちょっと狭そうな割れ目にゆっくりと指を出し入れしながら同時に乳首を舌で転がすと小さな喘ぎ声を我慢しながら身をよじる彼女。経験は少なくても体はすっかり成熟しているご様子^^

そろそろ本格的にしてあげたくて、お互い全裸になってお風呂へ。お互いの体を洗い合いながらもう一回彼女の気持ち良い場所を確認。石けんのヌルヌルでクリを弄られて俺にしがみついてきてしまう彼女が可愛い。
体を拭いてベッドに上がったら一気に本格的なエッチへ。ベッドに横たわった彼女の足を持ち上げてまだピンク色を保った割れ目を舌でたっぷりといじめてあげる。軽く割れ目を指で開いて、顔を出した小さめのクリを舌先で転がすと気持ち良さを我慢するために口に手を当てて声を抑える彼女。今回は予算圧縮のためにビジネスホテルに入っちゃったけど、ラブホでたっぷり声を出させて上げたかったな~なんて思ってしまう。

彼女にもう一回フェラしてもらって俺がビンビンになったらゴムを装着していよいよ合体。
彼女の華奢にちょっと心配しながらそっと割れ目におちんちんを当てる。彼女の割れ目はたっぷりと濡れているので大丈夫そうでは有るけど、やっぱり俺のサイズが心配^^;
一回は挿入の経験はあるとは言え、2回目のエッチではまだ痛がる子が多いし、俺の太いのをいきなり入れたらやっぱりマズいよね、と思うとローションを忘れてきたのがうらめしい。

彼女の足を大きく開いて軽く腰を浮かせる。経験の少ない子にはかなり恥ずかしいポーズだとは思うけれど、この角度が挿入に最適で有ることを諭しながらゆっくりと割れ目におちんちんを入れて行く。
亀頭が割れ目を押し開いた時点で痛みを訴えて腰を引いてしまう彼女。ここが我慢のしどころであることをささやきながら、ゆっくりと腰を進めて行く。
経験の少ない女性特有の「足で侵入を阻む」ポーズをとってしまう彼女に、足の力を抜かせて、閉じてしまう足をやんわりと広げながらそれでも少しずつ腰を進めて行く。
ちょっと時間はかかったけれど、そうこうするうちにおちんちんの6割は彼女の中に埋まっている。そこで一回腰を止めて彼女の手を股間に導く。
「ほら、もうこんなに入っちゃったよ」って言うと彼女も手で触ってそれを確認し「良かった~」と体の力を抜く。上から抱きしめて上げて、優しくキスをして少し腰を止めて彼女の体が落ち着くのを待つ。

彼女が俺のおちんちんに慣れてきた所でもう一回腰を進める。もう落ち着いている彼女はおちんちんが進んでくるにつれ気持ち良くなっているみたいで喘ぎ声が出始めている。
おちんちんが根本まで入った所で軽く腰を振って奥を刺激してみると鼻にかかった喘ぎ声が自然と出てくる。けっこう感じているみたい^^
ゆっくりとおちんちんを出し入れすると片方の手で布団を握り、片方の手を口に当てながら喘ぎ声を出し始める彼女。「気持ち良いの?」って聞くと「ちょっと痛いけど、でもすごく気持ち良いです…」と小さくささやいてくる。

上からギュッと抱きながら腰を振ると彼女も下から抱きついてくる。キラキラした眼をギュッとつぶって快感に耐えている顔を見ると愛しくなってしまって上から思わずキス。お互いの舌を絡め合いながらヌルヌルと体を合わせて快感を高め合う。
ちょっと痛いと言うので彼女を抱き起こして上に乗せる。騎乗位で自分の痛くない角度を探してごらんと言うと俺の体に手をついて場所を探している。
落ち着いた頃に下から軽く腰を突き上げると気持ち良いらしく顔が快感で歪む。
彼女の華奢な腰を軽く手で支えて動き方を教えると自分から快感を求めて腰を振り始める。プリプリと揺れる彼女の形良い胸を下からいじりながら俺も協力して下から腰を振る。まだ声を出すのが恥ずかしいのか、抑え気味の喘ぎ声にかなり興奮して体を起こして対面座位。合体している場所を見せつけながらズブズブと出し入れする。

彼女を押し倒して正上位になったらあまり長引かせないで発射モードへ。彼女の足を大きく広げさせて腰のスピードを上げる。彼女が痛くない角度を見つけたら、そのままスピードを加速。かなり感じるらしく、布団をギュッとつかみながら声を我慢している彼女の顔を見ながら一気に絶頂モードでゴムの中に発射、一回戦終了~~。
ゆっくりと体を離して白濁液の溜まったゴムを見ると回りにうっすらと出血の跡。やっぱり経験一回目の彼女はまだ処女膜が開ききっていなかったご様子? 2回目が俺じゃぁまだ出血もするわなぁ^^;

落ち着いた所で腕枕でベッドに横たわってちょっと休憩。学校の話や留学中の話なんかをいっぱい聞かせてもらう。目をキラキラさせながら元気におしゃべりしてくれる彼女が可愛くていつの間にか抱きしめてキスをしてしまっている。彼女も反応してだんだんエロモードに入ってしまっているらしく、俺が胸に手を伸ばすと彼女も俺の股間を触ってくれる。
彼女の割れ目に指を伸ばしてクリや入り口をいじめると彼女は再び可愛い声で喘ぎ始める。それに反応して俺の股間もドンドン硬くなる。上から覆い被さって割れ目をたっぷりと下で舐めまわして上げて、ヌルヌルになった頃には俺も完全に臨戦態勢、ゴムを装着したら2回戦開始。
さっきは挿入に時間がかかったけど一度開いた割れ目は今度は簡単におちんちんを飲み込む。入れた直後はやっぱり痛いみたいなので抱き合って少し慣らしてからゆっくりと腰を動かし出す。

大きなおちんちんでゴリゴリとこすれると、経験が少ない彼女でもすごく感じるらしく、快感で顔が歪んでいる。声は出すのが恥ずかしいのか、ちょっと小さめだけどその我慢しているような雰囲気が可愛くて腰がドンドン激しくなってしまう。
2回目も騎乗位で彼女のペースでゆったりしてもらってから正上位に戻って発射モード。一気に腰のスピードを上げて…と思った所で彼女が痛くなってしまってギブアップ。
無理はさせずに体を離して今回のエッチは終了~。

夕方早めに用事があるという彼女はシャワーをしたら服を着て撤収の準備。モコモコな下着を着けた所でもう一回その姿でくるっと一回転してもらって目に焼き付ける^^
初めての大人なエッチに満足してくれたようで、駅まで送る道筋でも終始ニコニコしてくれていた彼女、高校卒業前の素敵な思い出になってみたいです。
俺としてもすごく好みのタイプで、ご近所に住んでいたならお気に入りさん間違い無し!だったので「もう一回受験して東京の大学に来なよ~」なんて誘ってしまいました^^

「また名古屋に遊びに来てくださいね!」と言い残して元気に電車に乗っていった彼女のために、また早いうちに遠征の計画しなくちゃか~~と思った俺なのでした。

★2009/12/20 福岡遠征第2弾!!長崎の23才看護士さんと初対面デート 

福岡2日目は長崎から高速バスで23才の看護士さんが来てくれる予定。彼女とも今回初対面。結構前から俺の日記の愛読者さんで、「九州に来る時はぜひ連絡してください!デートしてください!」と熱烈にメールを送ってくれていた人。
今回、「博多だけど来れる?」って聞くと「高速バスに乗って行きます!」と元気なお返事。俺としてもうれしいですね~~^^
看護士をしている彼女、俺とデート出来るように同僚さんや上の方と相談してシフトを決めてくれたらしく、12月の初めに「お休み取れました!」と連絡が入ってめでたくデート決定。こういうのってうれしいですね!

前日にデートした22才の女子大生さんが熊本行きのバスに乗るのを交通センターで見送り。そこは高速バスの発着場所でもあるみたいなので、長崎の彼女にメールするとやっぱりここに到着するとのこと。
そのビルの上に楽器屋・本屋・ネットカフェと俺が時間つぶしに使う店がバッチリ入っているので時間つぶし。ネットカフェで日記を書いたりしているとお昼をちょっと過ぎた頃に彼女から「もうすぐ到着しそうです!」とメール。
実際は博多駅の手前の繁華街でけっこう渋滞して会うのはそれからちょっとかかっちゃったんだけど、お昼過ぎには無事に合流!

待ち合わせ場所にいた彼女はちょっと大柄な九州美人。ちょっと高めの頬骨に大きくてぱっちりした眼、はっきりした作りの顔がやっぱり九州の女性なんだな~って思わせます。
ちょっと太めなんだけど、その分おっぱいはドド~~ンと大きいようで、彼女の着ているワンピースを下からモリモリっと押し上げてます。俺の見立てでは確実にG~Hカップは有るはず。これは脱がせたらぜひ確認してみなければ~~^^;

挨拶もそこそこに街に出る。観光も兼ねてブラブラと歩いてキャナルシティーへ。昨日話しに聞いたクリスマスイルミネーションを見てからお食事、いよいよラブホテルへ!

一応ラブホテル街の地図なんかは用意して来たんだけど、結局道に迷う。彼女も何回かは行ったことが有るみたいだけど地元民では無いからそれほど詳しくは無い。
有名な中洲のソープランド街をウロウロしてから川の向こうにそれらしき看板を見つけてそちら方面に突入。すっかり体が冷え切った頃にやっとホテルに到着。
お値段はそこそこだったけど部屋の大きさはあまり東京都変わらず。もう少し広い所を期待していたんだけどな~~。

時計をみるとあまり時間の余裕もないのでさっそくプレイ開始。お風呂の準備をしたらベッドの横で抱き合ってキスを始める。豊満な彼女の肉体はむっちりと抱き心地が良い。
ギュッと抱きしめると大きな胸がグイグイと俺の体を圧迫してくる。
最近のエッチのことを聞いてみると「昨日しまして…」って^^ お相手は彼氏では無いけど良く会っている人らしい。エッチ好きなんだね~って思うと俺の方も期待で股間がムクムクと固くなって来てしまう。

ジーンズを下ろして自慢のモノを見せつけると「あぁ、やっぱり大きい…」って良いながらしゃがんでしゃぶり付いて来る。「どう?日記と画像で期待していた通り?」って聞くと口いっぱいにおちんちんを頬ばりながらコクコクとうなずく。
さすがにフェラも上手で俺のツボをちょっと教えるとすぐに口の中で固くされてしまう。
ビンビンに勃起したおちんちんはさすがに彼女の口にも余るようで、もう竿の中程くらいまでしか咥えられないみたい。

彼女をベッドに寝かせて俺も彼女に触りはじめる。ワンピースをまくり上げて、ストッキングを脱いでもらってパンツの上から割れ目を触る。肉厚の割れ目をかき分けるとその奥にじっとりと湿った入り口。すでにかなりヌルヌルになっている様子。指先がクリトリスに当たると声が高く大きく出始める。
ワンピースなので半裸の状態で愛撫が難しいので一気に脱がせてしまう。フリルの着いた紫系の下着が可愛らしくて、今日のデートを楽しみにしていたんだなぁと思わせる。
指先をブラの間に這わせるとドドンと大きな乳房があふれ出てくる。片手には入りきらない大きなサイズの乳房を下から持ち上げるようにして先端を口に含んで乳首を舌で転がすと彼女の口から一気に喘ぎ声があふれ出す。敏感な肉体にドキドキ。

彼女の下着を一気にはぎ取ってお互い全裸になったら愛撫を本格化させる。彼女の足を大きく開かせて割れ目の奥をかき回す。指2本を飲み込んだ彼女の中にあるGスポットを激しく刺激するとかなり気持ちよがる。潮吹きまでは達しないけどかなりの量の愛液が噴き出している。
彼女も俺のおちんちんを握りしめて快感に耐えている様子。腰を彼女の顔に近づけるとすぐにしゃぶりついて来る。口の中で踊る舌が竿をこすって気持ち良い。
彼女の大きな胸でパイズリして欲しいなぁ~なんて思いながらももうお互い熱くなりすぎてそんな余裕は無く、ゴムを装着して合体してしまう。

彼女の足を大きく開かせて割れ目におちんちんをこすりつける。厚い肉の奥でヌルヌルと俺を待ち構えている割れ目にグイッと先を押しつけるとヌルッと飲み込まれて行く。
そのままズルズルと腰を進めるとグイグイと肉を押し分けて入っていく感触。彼女の中がすごく熱いのを感じる。
「こんな大きいの初めて!」とうれしそうに叫ぶ彼女。俺が腰を動かすと「大きいよ!気持ち良い!」と何度も連呼する。たっぷりした彼女の太ももの肉に腰を押しつけるようにしてグイグイと奥を刺激すると「そこ!そこ!」と喘ぐ。今まで知らなかった気持ち良い場所がグリグリ刺激されているらしい^^

グイッと腰を持ち上げて屈曲させて奥を突くと彼女のお尻の弾力で今までに無いくらい俺も激しい勢いがついてしまう。パンパンと音がするほど腰を打ち付けると彼女の方はもう言葉にならず激しい喘ぎ声が漏れる。
バックに体位を変えて挿入すると俺の腰の動きに合わせて彼女の大きな胸がブルブルと揺れているのが見える。後ろから手を伸ばしても片手では余るそのサイズがスゴイ。

正上位に体を戻して絶頂に向かって腰を振る。彼女が何回も絶頂を訴えるけど、俺も一直線にフィニッシュに向かっているので動きを止められない。彼女の足を抱え上げて奥まで届けと激しく腰を振っているうちに竿全体に激しい快感、一気に頭が真っ白になるほどの絶頂が突き抜けて一気に白濁液が噴出してしまう。動きを止めた俺の下でぐったりとしている彼女、そっと体を離すとゴムの中にまた大量の精液が貯まっている。博多のモツ鍋効果、絶大なり^^

お互いの体をキレイにしたらやっとお風呂。たっぷり貯まったお湯の中で抱き合いながらのんびりと暖まる。
お風呂から出たらまたベッドに直行、時間を惜しむように絡み合いながら2回戦。さすがに昨日からエッチの連続で俺の方は発射しなかったけれど、彼女の方はまた数回絶頂を見せてプレイ終了。たった3時間の休憩だったけどずいぶんたっぷり楽しんだ気分がする。

シャワーして服を着たらまた福岡の街の寒風に体をさらす^^; お互いギュッと手を握り合っててくてく歩く。数分歩くとまた博多の繁華街に出るので地下道へ。やっと暖かい所に入って安心、お互いの手を改めて握り合って地下鉄にGO。
地下鉄で彼女は博多駅で降りてバスで長崎へ、俺はそのまま空港へ。電車の中で分かれる時にもお互いの眼を見つめ合ってさっきの濃厚なエッチを思い出す。

たった2日間の博多遠征だったけど素敵な女性との出会いですごく思い出深い旅でした。
次の遠征はまた1年後くらいになってしまうだろうけど、その時はまた彼女達と素敵なデートが出来たら良いなぁと思っています^^

★2009/12/19 福岡遠征第一弾! 22才熊本の女子大生さんと初対面お泊まりデート 

一年ぶりに福岡の博多に遠征。今回も美味しいモノ食べて、いっぱい遊ぶぞ~!と思いながら九州方面で連絡を取っている女性に遠征の件を周知すると何人かから連絡あり。
その中で以前から「九州に来たらお泊まりでデートしてください!」と言っていた熊本県在住の女子大生さんと1日目にデートすることに決定。

話を聞くと熊本から博多までは(値段はけっこうかかるけど)定期的に路線バスが通っているそうで、けっこう来やすいらしい。当日俺は午前中に博多到着、ぐるっとしない観光をして夕方にホテルにチェックイン、彼女の到着を待つことに。
女子大生さん、実はその日熊本の友人達と博多キャナルシティのクリスマスイルミネーションを見ることになっていたそうで、「終わったらホテルに行きますね!」とのこと。
俺はTVを見たり本を読んだりビールを飲んだりしながら待っていたんだけど、彼女の方は盛り上がってしまったようで、全然来ない^^;

12時近くなってやっと「これから行きます!」とメールで連絡、ホテルのロビーまで行くといました、いました^^
ニットの帽子にコートを着た彼女はちょっとふっくらした感じの可愛い女子大生さんでした。
ちょっと頬骨が高くて眼が大きくて顔立ちがしっかりしているのが南国の血なんでしょうか?ショートカットで元気そうな彼女にドキドキです。
エレベーターで二人っきりになったらさっそく彼女を引き寄せる。「やっと着いたね~」って言いながらさっそくキス。彼女の瞳が濡れているのがわかる。

彼女がバスで博多に向かう間に時間が有ったのでたっぷりとメールでやりとりしていたのですでに余計なおしゃべりは不要な感じ。部屋に入って上着を脱いだらその場でガシッと抱き合って濃厚にキスしちゃう。なんだか今日初めて会った二人では無い感じ。
抱き合ったまま二人の今日の出来事なんかを話しながらその合間にキスの嵐。見つめ合いながらおしゃべりしてキスをしているうちにドンドンお互い心が溶け合ってくる。
「お風呂に行く?」って聞くともうそんな時間も惜しいのか首を横に振る彼女。また激しくキスをして舌を絡め合わせていると彼女が俺の手を自分の胸に導いてくる。触って欲しいの?と聞くと恥ずかしそうにうなずく。以外に積極的な彼女^^

股間に手を導くと「うわぁ…」とうれしそうな表情。さっそくジーンズを下ろして見せると「やっぱり大きいです」とちょっと脅えた表情。
それでも手でシコシコしながらしゃぶり始めるとすぐに熱中しちゃうところがやっぱりエッチ好きなんだ~と思ってしまう。
前にしたエッチはいつなの?と聞くと「4ヶ月ぶり?」とけっこうしていないらしい。そこにいきなり俺のおちんちんじゃ大変かも? ローション持ってきていて良かったですねぇ。

さっき自分から胸に俺の手を導いたように、彼女の体はかなり感じやすいタイプ。だんだん服を脱がして直接乳首に舌を這わせて転がすように刺激すると声がかなり出てくる。
残念ながらここは普通のビジネスホテル、廊下のしゃべり声も聞こえる程度にしか防音していないので「あんまり大きな声出すと隣の部屋から苦情が来ちゃうよ?」とお願い。
コクコクと頷きながらもドンドン気持ち良くなってしまっている彼女、そろそろベッドに行きましょうか^^

お互い服を脱がし合って全裸でベッドイン。さっそく彼女の上に覆い被さって濃厚にキス。彼女もさっそく手を伸ばしてまだビンビンに勃起しつづけているおちんちんに触ってくる。
ベッドに入って安心して感じるようになったのか、俺が舌で体を刺激しつつ割れ目に指を伸ばすと思わず手に力が入っておちんちんを握りしめてくる^^; さすがに「ちょっと痛いよ~」と訴えると恥ずかしそうに手の力を緩めてそっとシコシコしてくれる。
お互い欲しくて熱くなっちゃってる^^

カバンから出したローションをお互い手にとって敏感な所を刺激しあう。ヌルヌルの割れ目にゆっくりと指を挿入すると順調に2本飲み込んでくれる。これなら挿入も絶対に大丈夫、と安心して刺激を強める。Gスポットを刺激すると激しく反応する彼女、口に手を押し当てて声を殺しているのが可愛いやら可哀想やら^^
彼女のも俺のおちんちんをヌルヌルと触ってくれるのではち切れそうな位に固くなっている。「そろそろ入れようか?」と聞くと声を出さずにうなずく彼女。ゴムを装着したらもう一回ローションでヌルヌルさせてさせてもらって正上位で合体。

足を大きく開かせて割れ目におちんちんをこすりつける。ゆっくり腰を押しつけると先っぽからゆっくりと飲み込まれて行く。
彼女の小さなうめき声を聞きながらゆっくり進めて行くとそれほどの抵抗感も無く奥まで挿入完了、ゆっくりと出し入れするとすぐに割れ目から噴出した愛液で動きはスムーズになる。
「今までこんな大きいおちんちん、経験したこと無いよぉ」とうめく彼女。ゆっくり腰を動かしながら感想を求めると「あそこがすごく広がってるのが分かる…」と恥ずかしそうに応える。

本格的に腰を振り始めるとかなり声が出ちゃいそうな感じの彼女、一生懸命手で口を押さえて我慢している。これがラブホテルだったら手を押さえつけていっぱい声を出させちゃうんだけど、さすがにビジネスホテルでこの時間に声を出させると近所迷惑^^;
俺も上からキスして唇を唇でふさいでさらに腰を振ってあげたりして。
さすがにお互いけっこう飲んでからのSEXなので絶頂が早い。俺の下で彼女が何回か達しているのを確認してから俺も絶頂モード。腰のスピードを上げると彼女が必死に手で口を押さえて声を我慢してるのが分かる。程なく亀頭の先に一気に快感が走り抜けて発射! 一回戦終了~~。

全裸のままキスしながらギュッと抱き合って布団に潜り込む。シャワーを浴びる余裕もなく、抱き合ったまま泥のように眠りにつく…はずだったんだけどふと目が覚めてしまう。
だって裸の女子大生が横に寝てるんだもん、俺の心がまた欲しがってしまっているご様子^^
彼女の裸の胸にそっと指を滑らせていると彼女も眼を覚ましたようで、俺の手をつかんでまた自分の胸に導いて行く。積極的に快感を求めるタイプだね~^^
「まだ外が暗いですよ」って言うのでふと時計を見るとまだ3時。全然寝てないのにね~と思いながらお互い臨戦態勢^^ フェラで固くしてもらったらゴムを着けて挿入、またしても激しくお互いの快感をむさぼり合う。
さすがにまだ眠いので発射まで行かず、適当な所で体を離して休憩。一眠りしたらまたお互いゴソゴソと触りあってしまって3回戦開始。さすがに睡魔に負けて途中で体を離すと時計は朝の5時。お互い明日の朝起きられるのかな?

さすがにちょっと熟睡しているところに目覚ましが鳴る。日曜の朝なのでシンケンジャー見なくちゃ…と思ってTVを点けると彼女の起きてくる。
「Aniさん、日記の通りイビキかいてましてよ~」と笑う彼女。そう、お酒を飲んだり、疲れたりした後はイビキかきやすいんだよね。関西遠征の時はお相手さんからかなり抗議されたっけ^^;

TV見ながらいちゃいちゃしている間に俺の股間がだんだんと反応してくる。彼女の手を導くと「あら、なんか固くなって来てますね~~」とうれしそうにシコシコしてくれる彼女、そのまましゃぶりついてくる。おちんちんがビンビンになったらさっそくゴムを着けて挿入、4回戦^^ すっかりお互い眼が覚めているのでたっぷりこってりとしたSEX。正上位から体を起こして対面座位、そして騎乗位。上に乗ると自分で気持ち良い場所を刺激できるらしく、かなり気持ちよがってる彼女。下から胸に触って刺激してあげるとかなり声がやばそうになっちゃってる。最後は体を起こして上からのしかかるように正上位、彼女の口を手で押さえながら腰を振るとちょっとSM気分で興奮しちゃう。
そのまま腰の勢いを付けてフィニッシュ! 朝っぱらから濃厚に一発でした~^^

チェックアウトの時間も迫っているのでお互いシャワーを浴びて荷物をまとめてホテルを出る。腕を組んでブラブラ駅に向かって駅に近いカフェで軽く朝ご飯。彼女のバスの時間までちょっと有るのであれこれおしゃべりしながら時間つぶし。彼女の大学生活や学校のお友達の愉快な話でたっぷり笑わせていただきました^^
バスの時間が来たのでバス乗り場まで彼女を送って無事に彼女がバスに乗るのを見届けて解散。いや~~、博多遠征、充実の1日目をありがとうございました!

2日目のデートのお相手が到着するのがお昼なのでそれまでちょっとネカフェに潜り込んで時間つぶし。それにしてもお泊まりで4回もエッチしちゃって俺、2日目のエッチできるんでしょうかね~~??^^;

★2009/10/17 関西遠征・21歳女子大生さんと再会! 

8月の大阪遠征でデートした神戸在住の女子大生さん、たまに「AnimaLさんのエッチ思い出しちゃった~。また会いたいな~~」ってメッセージくれてます。
俺としても会いたいのはやまやまだけど、東京と関西の距離だからそうそう「じゃぁデートしようか!」って訳にも行かないんだよね。
ただ今回、友人が京都に出張に行くってことでホテルの部屋に泊めてもらうってことで便乗、関西ツアーが実現。京都から神戸なんてJRで早ければ30分くらいで着いちゃう!ってことで女子大生さんに連絡、デートすることになりました。
デート1週間くらい前に「予定通り生理来ました。これでデートバッチリです!」ってメール。彼女の方もヤル気満々みたい^^ 前回はお泊まりだったので5階もエッチしちゃったんだけど今回はご休憩デートの予定。「Aniさん、今回も5回くらいしましょうね!」ってーのはちょっと無理なんじゃないの??~^^;

前日16日の金曜の夜、仕事の後に高速バスに乗り込んで一気に神戸は三宮(さんのみや)に直行。渋滞もトラブルもなく予定通りの時間に神戸三宮到着。待ち合わせの時間まで少し間があるので俺は電車で少し移動して「神戸鉄人プロジェクト」による「実物大鉄人28号」を見に。ガンダムより小さめだったけどけっこうな迫力でした!
時間をつぶしてから三宮の待ち合わせ場所に着くと程なく女子大生さん到着!
黒いストレートヘアとクリッとした猫っぽい目が相変わらず山本梓とかMEGUMIを思わせる。ちょっとはにかみながら俺に近づいてくるのを見ると、8月のデートがすごく思い出されてドキドキしてきてしまう^^
グレーのワンピースに黒いジャケットを羽織った彼女は「大人しい女子大生」ってイメージ。そんな彼女があんなにエッチな顔で俺のおちんちんを受け入れていたなんて全然想像もつかない^^

「駅の周辺は友達がいるかも知れないから危険地帯なんですよ~」って言う彼女、手もつながずに駅から離れて中華街方面へ。そこまでくればもう大丈夫そうなのでラブラブモードで手をつないで街を散策。急に振ってきた雨をしのぐために近くのお店でお食事してから異人館街へ。腕を組んで、たまに立ち止まってキスしながら恋人同士のように歩く。
俺の下調べによると異人館街の中にラブホテルがたくさん有るはず…ってことで探してみるとすぐに数件のホテル発見、さっそく目に着いた可愛いホテルにチェックイン!

「撮影して送ってくれたビデオを見るたびにAnimaLさんとしたエッチを思い出しちゃって、会いたくなるんですよ~」って言ってくれる彼女。
そんなに俺とのエッチは印象的だった?って聞くと「Aniさんのおちんちんは今までの中で一番大きくて気持ち良かったけど、それ以上に一緒にいて楽しくて癒される感じだったからまたデートしたかったんです!」って言ってくれるのは俺にとって最大の賛辞。
うれしくなってギュッと抱きしめて激しくキス。彼女も俺にしがみつきながら舌を絡めてくる。
このまま服も脱がずに彼女を貫いてしまいたいけれど、夜行バスの旅で丸一日風呂にすら入っていない俺、まずは一緒にお風呂に入ることに。

服を脱がし合ってお風呂へ。体中泡まみれになってお互い洗い合う。石けんのヌルヌルで体中触りあうとさっそく俺の股間が反応する。彼女の手の中でヌルヌルこすられて一気に固くなってしまう。
シャワーで泡を落としたらさっそく仁王立ちフェラ。俺の前にしゃがんで熱心にしゃぶる彼女を見ると興奮ですぐガチガチにフル勃起してしまう。
もう我慢出来なくなっちゃって、彼女に浴槽に手をつかせて四つん這いに、バックから割れ目に侵入してしまう。割れ目におちんちんの先っぽを押しつけるともう完全にヌルヌル、ちょっと力を入れるだけでヌルッとおちんちんは入っていってしまう。
軽く出し入れすると彼女が痛みを訴えるので中断。「Aniさんのは大きいんだから!ゆっくりしてくれないとダメ!!」とちょっとお怒りの彼女。すいません、興奮しちゃいました^^;

お風呂から出たら速攻でベッドへ。横たわって抱き合ったらたっぷりと愛撫の時間。
キスから唇を体に移動させて彼女の体を舐めまわす。彼女の手が股間に伸びて俺のおちんちんをなで回すのを感じながら乳首を舌で転がす。
割れ目を指でいじり回すと熱く濡れてくるのが分かる。さっきはまだ柔らかくなる前に焦って入れてしまったのをお詫びしながらクリと割れ目をたっぷりと刺激してから指を挿入。軽く曲げてGスポットを刺激すると割れ目の中の肉がグネグネとうごめく。なかなかの名器。これは気持ち良さそうなアソコですね~。
前回はビジネスホテル泊まりだったので声を出さないように気を使っていたみたいだけど、今回はラブホなので出し放題。「あたし、声が大きいって言われます」って言う彼女、さっそく大きな声で喘いでいる。高く大きな声がセクシーでかなり興奮を誘う。
指に力を入れて刺激を強くすると一際高い絶叫と共に割れ目からビュビュっと潮を噴出。「あ~~!潮吹きっ子だ~~^^」って笑うと恥ずかしそうに「気持ち良いと出ちゃうんです~」ってつぶやく彼女。敏感な肉体は素敵だね^^

お互い準備万端なのでそろそろ挿入。「入れて欲しい?」って聞くとうれしそうにうなずく彼女。ゴムを装着して用意していったローションをたっぷりと彼女の割れ目と俺のおちんちんに垂らす。割れ目を指でヌルヌルしながら「これで入るでしょ?」って聞くと「Aniさんの大きいんですから、これくらいにしないと…」って、すでに目がトロンとしてきている。もう俺のが入る想像をしているみたい^^
彼女をベッドに横たえて足を大きく開かせたら割れ目におちんちんを押し当てる。ローションのせいでヌルッと簡単に奥まで入ってしまう。腰を軽くゆすりながら聞くと痛みは大丈夫だと言うのでおちんちん全体をゆっくりと出し入れしてあげる。
「奥に当たるの!奥が気持ち良い~~!」と激しく声を上げる彼女。腰を押しつけるようにして奥をグリグリ刺激してあげるともう言葉にならずに喘ぎ声が上がってしまう。

体を入れ替えてバックから挿入。彼女のむっちりとしたお尻を抱えて後ろからパンパン音がするくらい腰を振ってしまう。さっきは痛がっていた彼女もたっぷりのローションが功を奏してもはや快感をむさぼるのみ。グイッと上から押さえつけて上半身をベッドに落とさせて、高く上がったお尻に上からのしかかるように突きまくる。
「イク!イクっ!」と彼女が何回も絶頂を訴えるうちに俺もそろそろ限界。体位を正上位に戻して上から激しく腰を振る。ハイスピードのピストンでまた絶頂を訴える彼女をさらに激しく突きまくると俺にしがみついてビクンビクンと痙攣する。そんな彼女を見ると俺も絶頂、ゴムの中に一気に白濁液を噴出して一回戦終了~。
体を離すとゴムの中には驚くほど大量の精液。バス中一泊してるから溜まってたのかな~?と彼女に見せてお互い大笑い^^

ひさしぶりだったけど、相変わらず良いSEXできたね~って言いながらベッドに倒れ込んで休憩モード。でもフリータイムではないのでお互いあんまりゆっくり出来ないのは意識している。何回もキスをするうちにまた体が熱くなってきてエッチモード。
前回のデートの時に東京で買って行ったローター、別れ際にお土産として彼女にあげたんだけど、ちょっと前に壊れてしまったそうで、今回もまたお土産に持参。
そのローターを見せると「わ~~い!」と目をキラキラさせる彼女。さっそく電池を入れてスイッチオン、乳首の回りをブルブルするとすぐさま声が出始めてしまう彼女。
さらに割れ目周辺をブルブル、クリに押し当てると腰がビクンビクンと痙攣し始めてしまう。
指を挿入してクリローター+Gスポットを攻めると潮噴出。刺激を続けると連続で何回も噴出してしまってベッドがびしょびしょ^^
「敏感なんだから~」って笑うと「Aniさんが気持ち良すぎるんですよ!」と恥ずかしそうに抗議^^
ベッドに横たわってフェラを所望するとうれしそうに乗り上がってくる。その腰を引き寄せて69でたっぷりとお互いの気持ち良い場所を舐め合う。

お互いバッチリなので2回戦開始。正上位で結合してたっぷりと動きまくる。
彼女の腰を抱え上げて奥まで当たるようにズコズコ突くと何回も絶頂を訴える彼女。「ダメ!行っちゃう!」って言われるとさらにスピードを上げて腰を振ってしまう俺は完全にいじめっ子モード突入。彼女が何回も絶頂に達しているのを見ながら俺もそろそろ行こうかとスピードを上げたけどそろそろ体力が限界、休憩させてもらうことに。

ちょっとダラダラしながら、そろそろ良い時間だから出る準備しなきゃ…と思いながらもまた欲しくなってしまって3回戦。フェラ、69でたっぷり熱くなってまたギンギンに固くなってしまうおちんちん。正上位で挿入してから彼女を抱き起こして対面座位。割れ目に俺の大きなモノが入っているのをたっぷりと見せつける。
そのまま騎乗位。感じすぎちゃってもう自分からは動けない彼女を下からゴリゴリと突き上げるとまた何回も頂点に達している。
「Aniさん…もうギブアップです~~~」って彼女が訴えるので俺はまだ発射していなかったけど、3回戦終了。お風呂に入って身支度をするとたっぷり4時間楽しんでました^^
夏以来の再開だったけどやっぱり肉体の相性が良いみたいで楽しいSEXになりましたね~!

ホテルを出て、また街を散策しながら三宮の駅へ。まだ時間が少しあるのでカフェでお茶をしながら次回の遠征の予定を相談。さすがに来年は彼女が就活なので決まってからかな?とのこと。来年後半にまた会えると良いねってことにしました。
帰る方向が同じなので同じ電車に。軽く抱き合いながら4時間の濃厚なエッチの余韻を楽しむ。彼女が降りる間際に軽くキスをしてバイバイ^^ 彼女の後ろ姿を見ながら俺は一路本日のお宿の京都へ。

ってことで今回の関西遠征のデートはこの一回。翌日は京都の街を散策してからお昼頃新幹線に乗って撤収しました。
次回の遠征は12月、福岡です。こちらもデート希望者がすでに決まっているので遠征日記楽しみにしてくださいね!

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。